今の現代社会は正社員や契約社員、派遣社員、アルバイトやパートなど昔に比べて雇用形態が多様化してきました。求人サイトも様々あり、どれに登録すればいいのか分からなくなりますよね?その疑問を解決するのに当ブログでは求人サイトの実態をご紹介します。

良質な求人サイトを探している女性の画像

スタイリストの求人に応募するときの履歴書の書き方は

テレビや映画、CMなどに出演している芸能人やモデル、アーティストなどの洋服やアクセサリーをコーディネートするような仕事がしたいという方はスタイリストになるようにしましょう。
この仕事に就くためには、事務所に所属するか、フリーランスになるかの2通りがあります。
まずは事務所に所属してからフリーランスになる人も多いので、求人情報サイトで募集を見つけたら応募するようにしましょう。
最初はアシスタントから始まり、経験を積む必要がありますが、ファッションセンス以外にも、細かいことまで気が付くような人が向いています。
現場で大勢の人と関わらなければならないので、明るい性格でコミュニケーション能力が高く、挨拶や礼儀がきちんと出来るような、マナーを熟知している人が重宝されます。
資格は特に必要ないものの、ファッションに詳しい人でなければならないのでアパレルメーカーでの実務経験があったり、深い知識を持つ人なら即戦力になるので、多くの仕事をもらえるようになるでしょう。

スタイリストの求人に応募するときの履歴書の書き方は、出来るだけ空欄がないように記載することです。
空欄だらけの履歴書を提出する人よりも、これまでの経歴や応募理由をびっしり書いている人の方が真面目な印象を与えられるので、採用されやすくなります。
過去にスタイリスト事務所に所属していたり、広告代理店やアパレル関連で働いていた経験がある人は特に有利になるので、忘れずに書くようにしましょう。
記入の際、ついうっかり書き間違えることはありますが、このときは修正液は使わず、必ず新しく書き直すようにしてください。
履歴書に修正液を使う人は常識がないと思われますし、誤字脱字が多すぎるのも良くないので、丁寧に時間をかけて書くようにしましょう。