今の現代社会は正社員や契約社員、派遣社員、アルバイトやパートなど昔に比べて雇用形態が多様化してきました。求人サイトも様々あり、どれに登録すればいいのか分からなくなりますよね?その疑問を解決するのに当ブログでは求人サイトの実態をご紹介します。

良質な求人サイトを探している女性の画像

2017年06月の記事一覧

測量や地質調査などの求人の探し方

測量や地質調査は、土木関係の仕事です。道路工事や建物建設をする前にこれらのことを調べなくてはならないため、建設業界ではなくてはならない仕事です。いずれも測量士や地質調査技士といった資格を必要とするため、資格がない方は求人に応募することはできません。また、資格が必要な仕事であるため、給料はと僕関係の仕事の中では高い方となります。
この測量や地質調査の仕事を探したいのであれば、求人情報を当たる必要があります。一番利用しやすく確実なのが、求人情報誌や求人サイトを見て仕事を探す方法です。募集をかける方もこれらの媒体を活用しますし、たくさんの情報が集まってきているため、条件が良い仕事を比較しながら探し出すことが可能です。
そして、効率性という観点からも優れています。いかに良い条件であったとしても、それが自分の働ける範囲での仕事でないと応募できません。しかし、求人誌やサイトは、特定の地域に絞って情報を調べることができます。求人誌ならば、無料有料問わず、その情報誌が手に入る地域の仕事しか掲載していません。そのため、働けないということは起こりません。求人サイトの場合は、全国の仕事情報が載っているため、働けない地域の情報も存在しますが、勤務地や最寄り駅などで絞り込みができるようになっています。そのため、確実に働ける職場を探すことが可能です。
さらに、求人サイトの場合は、条件の絞り込み機能が充実していて優秀です。前述のほかに、給料や勤務体制などによっても絞り込むことが可能です。応募も電話だけではなくインターネットからの応募も可能となっています。したがって、効率的に測量や地質調査の仕事を探したいときに利用をおすすめします。

続きを読む

就活で自分にあった会社や求人を探すためにすること

就活は、自分の将来を決めることになるため非常に重要です。人間は生計を立てていくためには収入が必要です。そのため、皆働きに出ることになります。ただし、仕事は単に生計を立てていくために行うだけではなく、個人の人格形成の場でもあります。仕事を通して社会との接点を持っていくものであるため、なんでもやればいいというものではありません。そもそも、自分にあっていない仕事は長続きすることはありません。そこで、自分にあっている会社や求人を探す努力をする必要があります。
自分にあっている会社や求人を探すためには、まず自分の目的をはっきりとさせる必要があります。漠然と大手で働きたいといった考えでは、積極性にかけるため周りの人と差別化をはかることができません。何より、面接官はそういったなんとなくな考えの人はすぐ見抜くことができるため、採用されることはありません。仮に通ったとしても、前述のように長続きはしないと思われます。
自分の目的を明らかにするためにすべきことは、自分がやりたいと感じるものは何かを発見することです。これは以外に自分でも気づかないものです。そこで、一度冷静になって客観視する必要があります。これが思いつかないという人は、普段の生活でこれはいいなと感じたことや、興味を持った事柄を思い浮かべて見ると良いでしょう。その事柄に関連するサービスを提供している業者は、もしかしたら自分にあっているかもしれません。それを複数上げて、最終的に自分はこれならやってみたいというものを扱う会社や求人を目標としていくと良いです。
そして、目標が定まれば後はその目標に向かって何をしてくべきかが明らかとなるため、能動的な就活をすることが可能となります。

続きを読む

ジャーナル関係の会社と内勤の求人について

ジャーナルとはどのような意味であるのか、というと、まずこちらの「ジャーナル」という単語を分かりやすく直すと、「雑誌などの定期刊行物」となっています。

そのため、ジャーナル関係の求人とは、つまり雑誌などや広告などを定期的に刊行している会社さんへの就職、また求人募集ということになっており、これらの門はかなり狭い門として有名です。

例えば、地方のジャーナル関係の会社などであれば、その地方の有名な国立大学などを出ていれば、容易に合格をすることが簡単ですが、有名な全国的にも名前が知られているトップクラスのジャーナル関係の会社への求人は、倍率が凄まじい桁になっているだけでなく、多くは東京大学や京都大学などの超エリート、と呼ばれる人たちしか入れない会社である、とされています。

それほど、学歴が重視される世界であると同時に、雑誌などに関しては、特に誤字脱字が許されない世界であるため、このような超高学歴の人々が求められる世界となっています。

一方で、内勤に関しての求人というものは、おおよそ、色々な分野がありますが、最近では「翻訳」などの仕事も内勤のお仕事の1つとして有名になっています。

内勤とは、文字通りに、中で働くという意味であり家にいながらも仕事が出来る、という点が大きなメリットとなっています。
そのため、翻訳などの技術がある方の場合には、家にいながら翻訳の仕事を行い、なおかつ、正社員として働けるという人もいます。
ただ、高度な翻訳の技術が必要であるお仕事となっています。

また、この他にも内勤のお仕事としては、「名刺作り」のための打ち込みなどのお仕事などもあり、これらはお客様からデザインをお聞きして、そこから打ち込みを行うお仕事となっています。

続きを読む

スタイリストの求人に応募するときの履歴書の書き方は

テレビや映画、CMなどに出演している芸能人やモデル、アーティストなどの洋服やアクセサリーをコーディネートするような仕事がしたいという方はスタイリストになるようにしましょう。
この仕事に就くためには、事務所に所属するか、フリーランスになるかの2通りがあります。
まずは事務所に所属してからフリーランスになる人も多いので、求人情報サイトで募集を見つけたら応募するようにしましょう。
最初はアシスタントから始まり、経験を積む必要がありますが、ファッションセンス以外にも、細かいことまで気が付くような人が向いています。
現場で大勢の人と関わらなければならないので、明るい性格でコミュニケーション能力が高く、挨拶や礼儀がきちんと出来るような、マナーを熟知している人が重宝されます。
資格は特に必要ないものの、ファッションに詳しい人でなければならないのでアパレルメーカーでの実務経験があったり、深い知識を持つ人なら即戦力になるので、多くの仕事をもらえるようになるでしょう。

スタイリストの求人に応募するときの履歴書の書き方は、出来るだけ空欄がないように記載することです。
空欄だらけの履歴書を提出する人よりも、これまでの経歴や応募理由をびっしり書いている人の方が真面目な印象を与えられるので、採用されやすくなります。
過去にスタイリスト事務所に所属していたり、広告代理店やアパレル関連で働いていた経験がある人は特に有利になるので、忘れずに書くようにしましょう。
記入の際、ついうっかり書き間違えることはありますが、このときは修正液は使わず、必ず新しく書き直すようにしてください。
履歴書に修正液を使う人は常識がないと思われますし、誤字脱字が多すぎるのも良くないので、丁寧に時間をかけて書くようにしましょう。

続きを読む

店長候補や保育士の求人を探したいときは

ファッションが好きなので、洋服やバッグ、靴などのショップで長年働いてきたけれど、いつまでたっても給与が少ないので暮らしが楽にならないと思っている方があれば、転職することをおすすめします。
洋服やバッグ、靴などのショップで、接客や販売を数年間行っていた経験がある人は、店長候補の資格があるので、求人情報サイトで探してみると良いでしょう。
店長候補は最初から給与が高めに設定されているので、転職後に大幅に下がる心配もなく、安心して勤めることが出来ます。
店長候補になると、店頭での販売をはじめ、販売に関する業務および店舗運営全般を任せられるので、一般のスタッフよりもやりがいを感じることが出来るでしょう。
商品のディスプレイや、在庫や売り上げの管理、販売促進を行ったり、スタッフマネジメントや店舗運営管理なども任せられます。
オープニングスタッフの募集もあるので、新しい店を一から作り上げていくことも可能です。
求人情報サイトで、気になるお店の店長候補の募集を見つけたら、面接を受けるようにしてください。

保護者が働きに出て、子供の面倒を見られない家庭は全国に多いので、どこの施設も子供がたくさん預けられていますが、肝心の保育士の数が足りていないところが多いといわれています。
少ない人数の保育士では、すべての子供の面倒を均等には見られないので、エリアによっては頻繁に求人を募集しています。
この仕事は資格が必要で、一度取得すればブランクがあっても有効ですから、もし資格があるのに働いていない人があれば、面接を受けることをおすすめします。
およそ10年は働いていないようなブランクのある人でも、研修を受ければ、すぐに施設の仕事になじめるようになります。
短時間でもOKのパートやバイトの募集も多いので、求人情報サイトで探してみるようにしましょう。

続きを読む

在宅ワークは求人サイトのSOHOがおすすめ

求人サイトにはいろいろな種類がありますが、SOHOを扱ったサイトもあります。SOHOとは、スモールオフィス・ホームオフィスの略称であり、パソコンやスマートフォン等の情報端末を利用して行う仕事です。場所を選ばないため、在宅ワークに適している仕事といえるでしょう。仕事内容は、デザインの作成や文章作成、テープの書き起こし、翻訳などです。専門スキルが必要な物から、最低限の日本語さえかければ問題ない仕事もあります。報酬は、仕事をこなした数に応じて支払われるのが一般的です。求人サイトの中にはいろいろな種類があり、登録をして、そこでやり取りをして仕事を紹介してもらうスタイルと、仲介しているだけで、契約は直接行うものなどがあります。直接契約の方が条件を自由に決められるというメリットがある一方、給料が確実に支払われるかどうかは相手次第です。顔を直接合わせないため、きちんと対応してこない方もいます。一方、登録をしてそのサイト内でやり取りをする場合は、報酬も前払いで支払っておく必要があるなど、仕事をする側が損をしない仕組みになっています。しかし、その分システム手数料は取られますし、振り込みされる際にも一定の手数料を取られるなどのデメリットがあります。いずれが適しているかは考え方次第で、安心をとるか、給料の高さをとるのかで選ぶと良いでしょう。
また、SOHOの求人サイトもいろいろな種類があり、それぞれどのような仕事が募集されているのかが異なってきます。そのため、利用するのであれば、自分に合った仕事を多く扱っているサイトを使うのがおすすめです。評価に関しては、比較サイトや口コミサイトで知ることが可能です。

続きを読む

ブラック企業の求人を見分けるポイント

求職活動を行っていて、その求人情報がすべて正しく企業も健全であれば何も問題なく進み就職できますが、中にはその企業の体質がわるいところ、いわゆるブラック企業といわれるところもあります。そもそもブラック企業の定義ですが、その企業の体質ゆえに離職者が多い会社、あるいは公然と法令違反をしても平気な企業を指します。こうした企業にもし採用されることは、たとえ職業につけたとしても不幸です。よくあるのは、月の時間外労働が36協定の範囲内を越えるものや全く時間外労働の手当を支払わない、あるいは休日も全くあたえないなど劣悪な労働条件を強いるものです。
ではこうしたブラック企業であると思われる求人を見分ける方法がないのかと言いますと、その内容を見てみるとある程度は推測が付きます。それは給与の面の記載の方法です。ともかくブラック企業で多いパターンはその給与の幅で、例えば18万から50万円などとあまりにも幅の広いところには注意したほうがいいです。なぜなら実際の支払いは18万円程度しかないのに、50万円のケースもあるのウソの記載をしている場合もあり、たいていの場合応募者は自分のスキルならこの幅では最低でも27万円ぐらいは貰えると想定して応募してきますので、ブラック企業はもともと離職者が多いためにうその労働条件を提示して雇用しようとします。
それ以外には見分け方法として、何度も同じ求人を出している企業は怪しいです。その職種の内容が特殊な技能を有するものであれば応募者も少ないために何度も求人がでたりしますが、営業など一般的な職種でこのような状況であると雇用しても会社を辞めていくものが多いので、欠員補充として再度求人を出していることが考えられるからです。
以上のポイントを参考にブラックかそうでない判断して応募したほうがいいです。

続きを読む